テキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキスト

お名前 姓: 名:
メールアドレス
[×閉じる]
1度限りの特別価格でのご案内となります。※ページを閉じて次回アクセスすると値上げしますのでご注意ください。

 


 







あらためまして、FXトレンド親父と申します。

私がこれからさせて頂くお話しは、手軽でシンプルに実践できる、
FX投資のリスクヘッジの方法についてです。


"リスクヘッジ"とは、読んで字のごとく「リスク対策」のこと。

非常にシビアであるFXという投資の世界ですから、
恐らくほとんどの方が、何らかのリスクヘッジはされていると思います。






しかし・・・・、

「自分はちゃんとリスクヘッジしている。」

そう思っているトレーダーさんのほとんどが、
じつは、リスクヘッジをしている"つもり"でしかない・・・。



リスクヘッジ"らしい"ものをただ実践しているだけで、
実際は損失に悩まされ続けている・・・


というトレーダーの状況を、つい最近、私は知ることとなりました。





私が、自分自身の"リスクヘッジの方法"を公開することに踏み切ったのも、
そんな多くのトレーダーの状況を知ったから。

リスクヘッジとして、私が個人的に行ってきたその方法を、悩んでいる方の役に立てて欲しい。

そういった思いがあったからです。



もしあなたが、多くのトレーダーさん達と同じように、

「ちゃんとリスク対策してるのに、まだ損失が・・・。」

といった状態なら、ぜひここから先を読み進めてみてください。


必ずあなたの役に立つ情報であることを、お約束いたします。







今回、私がトレンドピースFXの販売に協力してもらった、
(株)MFGさん主催の無料セミナーでのアンケート。

そのアンケートの集計結果を見せてもらったところ、
非常に興味深い集計結果となっていました。



その興味深い集計結果の一部をまとめると・・・、


■現在、リスクヘッジをやっているか?  → やっている : 86.8%
■稼げているか?              → 稼げていない : 76.5%

このデータ、じつは矛盾しているのに気がつきますでしょうか?


"リスクヘッジをしているにも関わらず、稼げていない・・・。"

じつは、このこと自体が矛盾なんです。




現在、ちゃんとリスクヘッジができている私からすると、






だってことです。


リスクヘッジはしている・・・でも稼げていない・・・って言うのなら、
そもそもあなたのソレは、リスクヘッジではない!!ってことなんです。



・損切りラインを見極めるスキルを・・・
・資金管理をしないと・・・
・両建てするしてリスクを・・・
・逆指値を設定しておいて・・・
・指標発表時のトレードは避けないと・・・

あれだこれだと、皆さん試行錯誤されてるはずなんですが、
損失を回避できてない時点で、それはリスクヘッジとは言えません。


単なる投資の真似事、投資ゴッコです。

本当にリスクヘッジができていれば、損失なんてマジで怖くありませんから。




いまだに損失を恐れている・・・ってことは、まだまだギャンブルの域を脱してないってっこと。

いまやっている"リスクヘッジらしいこと"を見直して改めない限り、
いつまで経っても利益展開することは難しいと言えます。





へーー・・・・・。


じゃあ、そこまで言うんなら、






はい、ではお話しします。


私の言う"本物のリスクヘッジ"というのは、じつは以外とシンプルで、


『 損 失 を 無 か っ た こ と に す る 』



これです。


過去の私もそうだったのですが、多くのトレーダーさんは損失を恐れるあまり、
「損失を回避すること」を、リスクヘッジだと勘違いしてしまっています。


もちろん、100%回避できればそれに越したことはありませんが、
そもそもそんなことが、投資で実現できるものなのか?

仮に実現できたとして、そのスキルを身につけるまでに
いったい何年かかるんだよ?って話しじゃありません?


なので、私は「リスクを避ける」という考え方を改め、
「リスクを無かったことにする」という考えにシフトしました。



というのも、

FXの取引というのは、バイナリーオプションのように単純な勝ち負けではなく、
あくまで利益と損失を足した損益結果で、勝敗が決まる取引ですよね?


ってことは、

できる限り損失を無くすことができれば、自然と『利益だけが残る』ってことになります。

そうなれば、あとはどれだけ利益を獲るか?ってだけの話し。




資金管理がどうとか、指標発表がどうとか、逆指値がどうとか、
損切りラインがどうとか、両建てがどうとか・・・。

細かい話をゴチャゴチャと覚える必要はない、って事です。






たしかに、それが出来ないから多くのトレーダーさんが困っているし、
そもそも損失を無かったことに・・・なんて、リアリティがありませんよね。

ドラえもんにでも頼む気かよ、って感じでしょう。




ですが、、、断言します!

"損失を無かったことにする"というリスクヘッジの方法は、実現できます!!



このまま抽象的に話を進めて誤解を招くのもよくないので、
もう少し具体的にお伝えすると、

「損失をカバーする"もう1つの収益源"を作ること。」

これが、私の実践しているリスクヘッジの正体です。






つまり、メインとなるトレードの補助的な役割をする収益源を設けることで、
メインのトレードで出た損失を相殺し、無かったことにする・・・ってことです。

ここまでお話しすれば、少しリアリティが湧いてきたかと思います。



ただ、このリスクヘッジを構築する為にも条件があり、




以上の4つの要素が"必須条件"になります。


片手間で出来なければ、メインのトレードに支障が出ますし、
相殺できる利益が上がらなければ意味がないですし、
大きな損失を出してしまったら、本末転倒です。


ですので、損失を無かったことにする・・・というリスクヘッジを作る為には、
この4つの条件が、"絶対的な必須条件"となるわけです。



この4つの条件さえクリアできれば、






一見すると、この4つの条件というのもハードルが高く見えますが、
"ある方法"で運用すれば、それほど難しいものではありません。

その方法というのが、「自動売買システム」です。


事実、私は自動売買に"大きな損失を出さず"、"淡々と利益を稼ぐロジック"を搭載し、
リスクヘッジとして運用してメインとなる取引の損失をカバーすることができています。

私からあなたにお譲りさせていただくトレンドピースFXが、
まさにその自動売買システムなんです。



"メインとなる取引で利益を稼ぎながら、損失は自動売買でカバーする"

これこそ、私が先ほどお伝えした「損失を無効にする」という最強のリスクヘッジであり、
これを実現できたのも、自動売買だからこそ・・・なんです。






このように、自動売買には"リスクヘッジに最適な理由"がいくつもあります。


また、これはあくまで"棚ボタ"的な意味合いも大きいのですが、
単に損失を相殺するリスクヘッジとしての役割だけではなく、
自動売買が稼いだ利益を得ることだってできます。



とはいえ、全く使いモノにならない"クソのような自動売買"が多く出回ったこともあり、






と、思われる方も多いのではないかと思います。



たしかに、自動売買のメリットでもある「ほったらかしの運用」は、
状況が見えないこともあって不安に感じる方もいるでしょうし、

過去に自動売買で失敗してきた方がいれば、
「もう2度と自動売買なんて使うか!」と思うかも知れません。



ですが、「自動売買だから危険じゃ・・・?」と考えるのは、早計です。


なぜなら、自動売買も裁量の取引もシグナルツールもすべて単なる取引の手段でしかなく、
勝敗を分けるのは、あくまで「どんなルールで取引したか?」というのがキモ。


ですので、ただの取引手段で危険か否か?を判断するのは、
早計すぎる・・・ってことです。






むしろ、ほったらかしでも安心して運用できるロジックさえプログラミングすれば、
感情やマインドやスキルに左右されないシステマチックなトレードのほうが、
安全で堅実に運用していくことができます。


ですので、

自動売買を安全に運用するための"キモ"となるのが、
どういったロジックで取引し、どんな結果が出ているのか?


そういった点に注目して頂きながら、トレンドピースFXの詳細をご覧いただければと思います。





※米ドルスイスフランの場合


※スイスフラン円の場合



「ん?これだけだと、ちょっとピンとこない。」

「ちょっとよく分かんないな・・・。」


そう思われる方もいらっしゃるかも知れませんので、
堅実さ・安全性をあなたに判断していただく為に、





「このシステムでいくら儲かるのか?」

というのは、

後ほどちゃんと提示させて頂きますので、それより先に、
まずは最大ドローダウンの数値にご注目ください。


ご覧いただくと分かると思いますが、スイス円とドルスイスそれぞれの
通貨ペアの最大ドローダウンは、以下のようになっています。




スイス円は4.73%、ドルスイスに至っては0.65%・・・

このような数値となっています。






これ、常識はずれのかなり優れた数値なのですが、ご理解頂けてますでしょうか?

特にドルスイスの0.65%という数値は、
一般的なドローダウンの数値と比較すると"かなり異常"な数値です。




まだピンとこない方の為に解説させていただきますと、

「最大ドローダウン」 = 運用資金が最大で何%目減りしたか?

ということを表した数値となります。


仮に100万円を運用していたとして、最大ドローダウンが50%の場合、
50万円もの資金が目減りしてしまった・・・という事になります。



これが、トレンドピースの最大ドローダウンで見てみると、
1万通貨を元本に証拠金1万通貨で運用したとしても、

スイス円  = 最大ドローダウン4.73% → 最大で47,300円の損失
ドルスイス = 最大ドローダウン0.65% → 最大で6,500円の損失


という事になります。 $1=100円換算の場合、1万通貨=100万円)






これでもまだピンとこない方の為に、もう1つお話しをさせて頂くと、
ごく一般的な自動売買の最大ドローダウンは、8%〜10%と言われています。


また、自動売買の最大ドローダウンの目安として、

■10%以下は、かなり優秀なシステム
■10%〜20%は、実運用可能なシステム
■20%以上は、実運用に適さないシステム

このように言われています。


10%以下であれば、かなり優秀なシステムと言われている中で、
トレンドピースFXはそのドローダウンの基準を圧倒的に下回っています。






少し勘の良い方なら、ここまで考えるかも知れませんね。

ですが、、、ご安心ください。


その心配は全くもってありません!!!!

トレンドピースFXは、ストップロスがロジックに組み込まれているので、
最大ドローダウン以上の大きな含み損を抱えることは、100%ありません!




大きな含み損を抱えそうになるその前に、損切りが入るようになっています。
だから、大きな損失を出すことなく、堅実なトレードが実現できているんです。

ご理解いただけましたでしょうか??



それでは、あなたも気になっていることだと思いますので、
この堅実で安定したシステムを運用して、どの程度の利益が見込めるのか?

その実績をご覧ください。

安全に運用できる最大ドローダウン15%前後で算出した結果です。








いかがでしょうか?

もし、あなたの感覚が多くの商材やメディアによって麻痺しているとすれば、
このパフォーマンスでは満足できないかも知れません。



しかし、ここまでお話ししてきた通り、トレンドピースFXはあくまでリスクヘッジシステム。
これ1つで、稼ぐとか儲けるなどというモノではありません。

いまお見せしたパフォーマンス結果は、あくまであなたのメインとなるトレードの
損失を補てんしてくれる利益の幅を表しています。



つまり、




という事です。


月ベースで見ると、マイナスで計上されている月もありますが、
元々、リスクを限定するロジックが組まれている為、
その後の取引でしっかりと利益を出すことが出来ています。

そのことは、実績の中にある運用資金の推移をご覧いただけば、一目瞭然です。



ドルスイスに至っては、元本以上の証拠金を持っているにも関わらず、
大きな損失なく、順調に資産を増やしているのが分かると思います。

このように、決して大きな利益とは言えませんが、
堅実なトレードをしてくれるのが、トレンドピースFXです。



しかし、、、





リスクヘッジとしての結果を求めるのなら、いざという局面でパフォーマンスを発揮してこそ、
"本当のリスクヘッジシステム"と呼べるのではないでしょうか??

つまり、私が本当にお見せしたいのは、過去の荒れ相場において、
どういった結果を出していたか?ということ。


"●●ショック"という名前がつくほどの世界的な荒れ相場において、
トレンドピースFXがどれだけの結果を出してきたのか?

そこまでご覧いただいて初めて、このシステムの本当の堅実さや安定性が測れると考えています。


元本に対して約10倍の取引証拠金で運用した場合の結果を出してみましたので、
ぜひこちらもご参考にされてみてください。















※上記の結果は全て、最も安定している通貨ペア(ドルスイス)で出した結果となります。




いかがでしょうか?

世界的にも稀に見る荒れ相場の中で、しかもレバレッジを10倍利かせた状態でさえ、
最大でも10%程度のドローダウンでリスクを抑え、利益を出しているのが分かると思います。


多くのトレーダーを撤退に追い込んだ荒れ相場においてさえ、
堅実に安定した利益を上げているのが、お分かりいただけたでしょう。



この"堅実性"と"安定感"こそが、トレンドピースFXの最強の強みなのです!!

リスクヘッジのような"真似事"ではなく、明確なリスクヘッジとして
機能してくれるシステムであることが、理解できるはずです。


ではなぜ、トレンドピースFXがここまで常識破りな結果を出すことが出来ているのか?

その理由をお伝えさせて頂きます。



 

トレンドピースFXが、"大きな損失を負わない理由"がこれです。

ポジションを持つと同時に損切りラインを設定してストップロスを入れ、リスクを限定させています。
ですので、必要以上の損失を被ることは、まずもってあり得ません。


また、あらかじめ設定された損切りラインで決済を行う為、
最大ドローダウンを超える含み損を持つ心配もありません。

ですので、ほったらかしであなたが取引に干渉できないとはいえ、
「大きな損失を抱えてしまうんじゃ・・・?」という心配は皆無なのです。


「でも、ストップロスを低く持つってことは、相場がポジションと逆に動いたら、
 簡単に損切りが起きちゃうってことだよね?それだと頻繁に損切りが起きて、
 損失がどんどん積み重なっっていっちゃうんじゃない?」


たしかに、損切りを低く持ちすぎると頻繁に損切りが起きてしまい、
小さな損失を積み重ねてしまうことになります。

もちろん、それも想定の範疇ですので、極端に低い損切りラインは設けず、
ドローダウンが1%前後となるように設計していますので、
その点はご安心いただければと思います。


また、それでも仮に小さな損失が重なってしまった時のリスクヘッジとして、
その損失を利益転換できるトレードロジックを組み込んでいます。

・小さな損失が頻発しないように、極端に低くは設定していない。
・それでも仮に損失が頻発してしまった時の為に、利益転換できるトレードロジックを搭載。

以上の二重のリスクヘッジを構えたうえでの自動損切り設定ですので、
安心して運用していただくことが可能です。




 

トレンドピースFXが、トレンド追従型の順張りロジックを搭載しているの理由が、
前述した"損失が頻発した時"でも、数回の取引ですぐに利益転換できるようにする為です。

トレンド追従のロジックなら、1度に獲れる利幅が大きいので、
チマチマと起きた損失をすぐに利益転換することができます。


ちなみに、トレンドに乗った後は、移動平均線と一目均衡表で
トレンドの勢いが落ち着きはじめたタイミング時に、利益確定します。

ストップロスによってリスクの上限は制限されていますが、
獲れる利益の幅は、トレンドが継続する限り追っていくので、青天井・・・。


つまり、"損小利大"の理想的なトレードを実現することが出来ています。


 

トレンドピースFXが、ストップロスを設けていること、
トレンドフォローの順張り型ロジックであることは、お伝えした通りです。


そのトレンドを見極める為に、ベースを移動平均線と一目均衡表で置き、
基準線と転換線をもって、トレンドの発生と方向性を見極めてエントリー。

その後に、抵抗線をもって利益確定するタイミングを測り、利益確定。


その結果として、60%以上の勝率を実現することが出来ています。







トレンドピースFXが、片手間でも安心して運用できる最大の理由は、
その"抜群の安定感"に他ならないのですが、じつはそれ以外にも2つの理由があります。


それが、「ポジションの数」「ポジションの保有時間」です。


1.ポジションは複数持たず、単一のポジションのみ。
2.ポジションの平均保有時間は、約1〜3時間程度。



以上のように、

トレンドピースFXは、保有するポジションは常に単一で、複数のポジションを持ちません。

なので、含み損が重なってしまう心配は一切ありません!


また、ポジションの平均保有時間も比較的短く、約1〜3時間がほとんどですので、
ポジションを保有するストレスも、全くないんです。

つまり、ストレスフリーで運用していただける・・・って事です!






はい、もちろんです。

裁量トレードよりもメチャクチャ簡単ですので、すぐにスタートしてもらう事ができます。


トレンドピースFXは、自動売買システムですので、あなたがやることは、たったこれだけです。



また、推奨しているブローカーでの口座開設の方法や入出金の方法、
設置から運用までの一連の流れをまとめた解説マニュアルをお付けしますので、
あなたが迷うことは一切ありません!!







「あんまりお金を持ってないんだけど・・・。」

そういった方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください!


トレンドピースFXは、500通貨($1=100円なら5万円)の元本で運用可能です。


ご説明させて頂いた通り、トレンドピースFXは最大損失が
極端に小さく収まるシステムとなっております。

ですので、少ない資金でもそれなりのレバレッジを利かせる事が可能で、
500通貨なら、最大ドローダウンが15%だと考えても、
13,000通貨の証拠金取引が許容範囲となっております。






 

裁量トレードのリスクヘッジとして最大限に活躍します。

FXで一生食っていくためには、裁量のスキルは絶対に必要。私もこのように考えており、あくまで自動売買というのは、損失を補てんするリスクヘッジや、収益バランスを整えるためのモノとして考えています。 実際、私はこのトレンドピースFXをリスクヘッジとして活用しています。抜群に安定した結果を残しているトレンドピースFXですので、あなたの裁量トレードのリスクヘッジとしても、大いに活躍してくれることでしょう。

裁量トレードに専念しながら、コツコツと稼いでいくことができる。

あなたの裁量トレードをわずらわせることなく、片手間でコツコツと稼いでいくことができます。 あなたの時間や労力はすべて裁量トレードに費やすことができます。

損失が極めて小さいシステムだから、 ストレスフリーで運用できる!

ロジックの性質上、大きな損失を抱えてしまうということは、 理論上では絶対にあり得ないことです。 もちろん、過去数年分の統計を見ても分かるように、 大きな損失は全くもってありません。 ですので、「大きな損失を出すんじゃないか?」という、 自動売買特有のストレスを抱えることは、一切ありません。 完全ストレスフリーで運用して頂けます。

少ない資金から始められる。

前述した通り、トレンドピースFXは、 最大ドローダウンを極限にまで抑えた、 トレードシステムとなっております。 過去2年間においても、ドルスイスなら 運用資金の0.65%しか資金が減少していません。 ですので、少ない元本からでもレバレッジを利かせることで、 証拠金を大きく持つことが可能です。 また、少ない資金で運用できる為、裁量トレードの運用資金の負担も少なくて済みます。

荒れ相場でも安定してリスク回避できる。

先ほどお見せした通り、トレンドピースFXは、過去の歴史的荒れ相場でさえ 安定した結果を出しています。 過去のどんな荒れ相場においても、一般的なドローダウンを 下回る損失しか負っていません。

リスクヘッジ以外の運用も可能。

もしあなたが、「堅実に資金が増えるならそれだけで十分」と思われるのであれば、 このシステムをリスクヘッジとして活用するのではなく、 安心して運用できる資産形成のシステムとして活用することも可能です。








ダラダラと話してもしょうがないので、率直にお伝えします。

トレンドピースFXのご提供価格は、98,000円です。


この価格には、単純にシステムを開発した費用や、
今後のサポートにかかる人件費等が含まれています。

それに加えて、

・未来の損失に対する保険
・損失を無かったことする権利


こういった"価値"も加味させて頂いたうえでの私の希望価格がこれです。



もしあなたが、過去に"大切な資金を失うという恐怖"を、
身をもって体験しているのなら、この価格にご納得頂けるはずです。

難しい事を考えずに、シンプルでかつ堅実で安定したリスクヘッジを
手にすることができるようになるわけですから、決して高くはないはずです。


私があなたの立場なら、この価格でも確実にこのシステムを手にしています。

事実、私はこのシステムを開発してもらうのに、20万円以上の資金を投じて、開発を依頼しました。



ただし、私が今回このシステムを公にさせて頂いたのは、
私と同じようにリスクに悩んでいた人に、リスクヘッジとして、
このシステムを役立ててほしい・・・と考えたからです。

そういった方々に利益を求めてしまっては、
私の本来の目的と大きくズレてしまう事になります。




ですので、必要最低限かかるサポートの人件費のみで、価格は検討させてもらう事にしました。

できるだけ多くの方の役立てて欲しいので、ご提供価格は9,800円 とさせて頂きます。



 






 

トレンドピースの導入から口座開設の手順、
資金の入出金の方法や実際の運用方法まで。

あなたが1つ1つの手順で迷ってしまわないように、
こと細かに解説した解説マニュアルをお付けいたします。

あなたが仮に自動売買を初めて運用される方だとしても、
安心してスタートして頂くことができます。

お申込みから90日間は、回数無制限の無料メールサポートをおつけ致します。

稼働させれば、あとは自動の取引となりますので、
サポートというサポートは必要ないかと思われますが、
もし仮に、解説マニュアルを読んでも分からない・・・

といったことがあれば、お気軽にご連絡下さい。


FXトレンド親父も、まだまだあなたと同じリーマントレーダー。

私なりの投資の向き合い方、自動売買を効果的に活用する方法など、
基本〜手法に至る情報をお届けいたします。









 

動作環境を教えてください。

OS Windows 2000/XP/Vista 以上
2.0GHz以上のCPU
512MB RAM以上のメインメモリ(1GB推奨)
100MB以上のハードディスク空き容量
画像解像度 1024×768 or higher 以上
モデム/コネクションスピード 36.6Kbps 以上
プラウザ/Internet Explorer version 7.0/Mozilla FireFox 3.0 以上
※メタトレーダー4を使用するため、その最低システム要件と同一です。

いくらから始められますか?

スタート資金自体は、最低でも5万円程度でスタートできます。
ただし、最大ドローダウンや獲得利益なども加味させていただくと、
できれば30万円程度からスタートして頂くと良いでしょう。

FX初心者なのですが大丈夫ですか?

誰でも最初は初心者です。そこでつまずかないように、 システムの設置などを詳しく記したマニュアルを同梱しております。 システムの設置が終われば後はほったらかしなので、FX初心者でも関係ありません。

証券会社はどこを使えばいいですか?

1,000通貨から取引が出来て、メタトレーダーが使える業者であれば特に問題ないかと思いますが、 堅実に運用して頂くためにはThinkForex社をおススメしております。 と言いますのも、ThinkForex社でのみ正確な検証を行えているからです。 他社では細かなチェックまで出来ておりませんので、サポート自体致しかねます。

1日の平均トレード回数は何回くらいですか?

取引数はそれほど多くなく、平均すると2日に1度程度の取引数となります。

1日の内トレードが行われる時間帯などに決まりはありますか?

解析ロジックである移動平均線と一目均衡表から算出される解析結果をもとに 取引を行いますので、取引する時間帯に決まりはありません。

対象通貨は何ですか?また何通貨から始められますか?

ドルスイスフランとスイスフラン円が対象ですが、より堅実なトレードを希望される方には、 ドルスイスフランに絞った運用を推奨させて頂いております。

実績の結果に取引手数料は含まれていますか?

手数料、スリッページは含まれておりません。







資金を燃料に稼いでいく投資では、とにかく資金を減らさないこと。

そして、相場で生き残ること。

これが大前提です!!


利益ばかり追ってしまう気持ちは、よく分かります。私も以前はそうでした。


「絶対に稼いでやる!!」
「家族に少しでも裕福な暮らしをさせてやる!」
「時間に追われない自由気ままな生活を送るんだ。」
「給料以上に稼いで、脱サラしてやる!!」

稼ぎたいから・・・もっと自由になりたいから投資をする・・・。

それはごもっともです。


でも、よく考えてみて下さい!

運用するお金がなくなってしまっては、何もかもが無駄に終わってしまいます。


汗水垂らして稼いだ大切なお金も・・・
トレードに掛けた全ての時間も・・・
自由な生活を送りたかった夢でさえも・・・


あなたに残されるのは、「絶望」と「強制ロスカットのお知らせ」と無機質に書かれた、
FX上で"破産"を意味する通知のみ・・・。

私は、あなたにそんな辛い経験をしてほしくありません!


リスクは、起きてからでは手遅れです。
起こる前にやっておくからこそ、リスクヘッジなんです。



あなたが私からの手紙を読んで、リスクに対する考え方を、
少しでも改めてくれたら、私はそれだけでも十分です。


これが、私の本心です。